HOME > アングラーズレポート > BASS







 

三原直之プロ 「2016 アングラーズレポート」
〜パワーフィッシングにも「バウオ®エクスレッド®」 耐摩耗性、耐ショック性にも強い専用設計〜
2016.12.02

皆さん、こんにちは。
東レプロスタッフの三原直之です。


段々と寒さも増してきて、気が付けばもう冬ですね。
釣り納めという言葉をチラホラ聞くようになりましたが、自分が一番好きなバスフィッシングなのシーズンは、まさにこれからです!!


最近では、ホームレイクの東条湖に僅かな時間でも湖上に浮き、釣りをしています。
開発中のプロトルアーのテストが目的ですが、非常に良い釣りが出来ています!



開発中のビッグスプーンの釣りは、まだ日本には馴染みの無い釣りかもしれません。
「タンタンッ」とロッドを叩き上げるようにシャクり、フォーリングバイトを取っていくのですが、この釣りにはタックルバランスが非常に重要なのです。


僕がビッグスプーンの釣りをする場合、ラインは必ず「バウオ®エクスレッド®20lb」です。
僕の場合、20lbの使用頻度は高く、ビッグベイトからビッグスプーンなど、大型ルアーには必ず使用しています。




その理由は、まず「伸びない」ということ。
大型のルアーに装着されているフックは、線形の太いトリプルフック。
それをデカバスの肉厚な口に刺し込むと考えた時、一番考えなければならない点は「ラインの伸びによるフッキングロス」だと思います。

ラインは太くなればなるほど伸びないということではありますが、太くなればなるほど扱いにくいのも事実。

「バウオ®エクスレッド®」は、「ポンド別専用設計」のお陰で、太いラインでも操作性は抜群に向上し、東レライン特有のしなやかさにより、
糸クセも付きにくいので様々なロスが無くなってくれるのも嬉しいところです。


特にビッグスプーンの釣りは、張らず緩めずのフォーリング中のバイトを取らなければならないので、
ゴワつきや、コイルになったりすることはとにかく無駄。大きなパワーロスでしかありません。


パワーゲームでの出番が多い太い番手では、対摩耗性や対ショック性にも強いよう専用設計されているので、当然ながら強度バッチリ!
2/0クラスの巨大なトリプルフックを使用するビッグスプーンでも、デカバスの肉厚な口にしっかりとフックアップしています。



これからの時期、フィネスやメタル系ルアーなどで越冬バスを狙うスタイルが多くなるかとは思いますが、
その逆にこれから本物のパワーフィッシングが生きてくる時期です。

ビッグベイトやビッグスプーン、そして「バウオ®エクスレッド®20lb」で、一年で一番面白い冬のパワーフィッシングを楽しみたいと思います。






タックルデータ
ルアー
ビッグスプーン
ライン2




 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー