HOME > イベント情報 > 結果報告



 

イベント結果報告
「西日本釣り博 2016」
 

3月19日(土)〜20日(日)西日本総合展示場新館にて、「西日本釣り博 2016」が開催されました。
九州地区では約20年ぶりの開催とのことで、多くの釣りファンの方々にご来場いただけるだろうと心待ちにしていました。
そしていざイベントをスタートすると、2日間の累計来場者数が25,000人と当初の予想を遥かに上回る来場者数となりました。
あらためて、九州地区の釣り熱のアツさを実感する結果となりました。


東レブースはイマカツ社とのコラボブースにて出展し、磯・船・投げに始まり、バスルアー・ソルトルアーと幅広く商品を展示。
磯釣りのメッカである九州では「銀鱗®スーパーストロングNEO」「銀鱗®スーパーストロング アイサイト」
そして、「トヨフロン®スーパーL・EX ハイパー」「トヨフロン®スーパーLハード」はもはや定番。
多くの方が商品特長を活かしたセッティングをされていましたが、それぞれの商品をよりご理解いただきたい思いで、
一歩二歩掘り下げた解説をいたしました。

 

ルアーコーナーでは、今江克隆プロ・三原直之プロによる商品解説やファンサービス、
また限定品の即売会や人気のガラガラ抽選会を開催。





昨年の発売以来、九州地区でも既に多くの方が「バウオ®エクスレッド®」をご使用いただき、
今春発売予定の「バウオ®エクスレッド®ボリュームアップタイプ」を心待ちにされていました。



 


また、フィッシングショー大阪2016でも好評でした「ソラローム®ルアーPE」も注目の的。
高品質・低価格で幅広いタックル・魚種に対応でき、このラインをいち早く取り入れようと、プロによる解説を熱心に聞き入っていました。


 


会場に設けられたイベントステージでは、今江プロ・三原プロによるトークショーが開催されました。
第一線で活躍するプロ2人よるトークショーは、あっという間に黒山の人だかり。驚かされたのが年齢層の広さ。
長年バスフィッシングを楽しまれている方も非常に多く見られ、「初代ソラローム®ラインを愛用していた」など、
メーカーとして冥利につきるエピソードもいただきました。



2日間とも非常に多くのファンの方がブースにお越しいただき、皆様とのふれ合いの中で、商品品質の良さをよりご理解いただける機会となりました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。




 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー