HOME > IK×BAWO SPECIAL CONTENTS > 新商品開発秘話







 

【ソラローム®ランバトル】 開発秘話
2017.02.06



バスフィッシングには、ボートから釣る「トーナメントスタイル」と、岸から魚を狙う「陸っぱりスタイル」の釣り方の、大きく分けて2種類あります。
ボートでの釣りは、比較的タックルの置き場所に余裕があるので、状況に応じた釣り方に対応するため、何本ものタックルを準備し備えます。
対照的に「陸っぱりスタイル」は、持てるタックルを最小限に絞り込み、あらゆる状況をシミュレートし、
少ないタックルでいかに釣り方をカバーするか、タックルチョイスの仕方等、楽しみ方が全く異なってきます。

もともと「陸っぱり」は手軽なバスフィッシングのスタイルとして初心者に人気でしたが、
近年では道具の進化と共に、トーナメントスタイルに負けず劣らずテクニカルな釣りを自然に行っています。

もともと最前の技術力を生み出すトーナメントで、その技術が磨かれたベイトフィネスも、今では陸っぱりでも当たり前の釣り方として
ポピュラーになっています。手軽さゆえにアングラーの数も多い陸っぱりの釣り。必然的に釣り場でのライバルも多くなって来ます。

そんなライバル達に釣り勝つため、ロッドやリール、そしてルアーまで陸っぱりに適応したタックルが増加してきています。
しかし、ラインだけは、陸っぱりに特化した優れた商品がなかった!


そんな中、陸っぱりアングラーの先頭を切って走る岡友成氏から出た言葉は


「15lbが必要です」。

真っ先にでた要望でした。



激化する陸っぱり戦争の中、独自の路線と釣りスタイルで人気の岡氏。
第一線で活躍する彼が代弁した、現在の陸っぱりアングラーからの要望が「15lb」だった。

いままでのバスフィッシングラインではまず無い規格だが、「15lb」には陸っぱりならではのこだわりが詰まっていた。
岡氏いわく、既にバウオシリーズで展開していた13lbがきっかけだそうだ。

13lbはトーナメンターに溺愛され、根強い人気を持っている。

「12lbでは心配だが14lbでは太すぎる」


そんなトーナメンターの悩みを解決した、正にかゆい所に手がとどいた規格だった。
だが、陸っぱりに置き換えると少し変化する。

ボートフィッシングが中心のトーナメントでは、エレキ操作でストラクチャーをかわす事が比較的容易である。
反面、陸っぱりは限られた足場からの遠投またはピンポイントを狙い撃ち、水中ストラクチャーやオーバーハングを乗り越えながらの
ランディングを要求される。そのため、13lbでは少し心配だった。



「13lbが発売された時、衝撃的でした。ちょうどイイんですよ」
開発会議の中で岡氏の声が大きくなった。

この「ちょうどイイ」ポンドが陸っぱりにも必要だと考え、たどり着いたのが「15lb」でした。

持ち込めるタックルが限られる陸っぱりにおいて、1本のロッドで「巻き&撃ち」を両立できる。
すなわち、瞬時にルアーだけをチェンジをすることで臨機応変に対応できる。
「15lb」は陸っぱりの強力な武器となるのです!


さらに開発を進める中で、「15lb」のラインナップだけではなく、もちろん糸質も妥協することなくこだわりました。

「陸っぱりに求められるものは何か? 」

引張強度、結節強度、耐摩耗性、飛距離、操作性などなど、ラインに求められるものは様々です。
いくつものラインを作ってきた東レが、今まで永年の技術で培った様々なパターンのサンプルを、実際のフィールドで使い比べ、
テストにテストを重ねてもらいました。そこで出た答えは 「耐摩耗性」 による絶対的な強度。



ボートフィッシングと異なり、移動手段・ポイント選び、それらにかかる時間的不利な条件など、不便が多い陸っぱりでは、
やっとの思いでフッキングした価値ある1尾をみすみす逃すわけにはいかない。これが岡氏の出した答えでした。

どんなに険しいポイントでも、はたまたモンスタークラスの強靭な歯やファイトにも負けず、
キャッチできるラインの強度が絶対条件と確信したのです。

そこに最小限に持ち込むタックルのそれぞれに対応するしなやかさ。
この高次元のバランスが、陸っぱりにもっとも必要とされる 「飛距離」 とリンクしてくるのです。

陸っぱりでは、

最小限のタックルで機動力を発揮するために重要な 『15lb』 
攻めて、攻めて、攻め尽くす 『耐摩耗性』
圧倒的不利な条件下でも、陸っぱりからモンスタークラスへの攻撃! 『飛距離』 巻き&撃ちの超実践仕様。
 

陸っぱり専用ライン、それが 「ソラローム®ランバトル」 なのです。







このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー