HOME > アングラーズレポート > ゲームフィッシング







 

宮本善亙プロ 「2016 アングラーズレポート」
〜アジングには強度、粘り、使いやすさが抜群に安定している
「ソルトライン®アジング」シリーズがおすすめ〜
2016.12.15

駿河湾では最近カマスが増えて、アジング中にヒットしてラインを切られることが多い。
そのため瀬戸内海のようなふわっとしたアジングでは釣りにくいこともあり、今回はMキャロで日中狙ってきました。

ラインは「ソルトライン®アジングPE 0.3号」。リーダーは「パワーゲーム®ルアーリーダー5lb」 30-50cm。
Mキャロはリーダーをたるませたときがキーになるのであまり長いリーダーだと動きが悪くなったり、アタリがわからなかったりする。

日中はアジが深いことが多いため、底付近を狙い、しゃくりながら戻しのアタリを慎重にとる。
ただ、Mキャロは堤防だと飛距離が出すぎるのでラインは中間でセロテープで軽く止め飛距離を抑え、トラブルしにくくしてある。

「ソルトライン®アジングPE」「ソルトライン®アジング フロロ」を使う理由はやはり、強度、粘り、使いやすさが抜群に安定していること。
使い込むのに適したラインだと思う。アジングはどの水深で反応がいいか探るのもキーになるが、この場所はほぼ底のことが多いので、まずは決め打ち。

  


一度底に付けてからアクションを始める。沈みすぎもせっかく寄ってきたアジの興味をなくすため、フォールも考えながら狙っていると、
1キャスト目からヒット。が、やばい。そこそこいいサイズで、エサ釣りの浮きが近いため、やや強引に寄せていくとちょっと強引すぎた。
口切れ?すっぽ抜けてしまった。まあ、アジはいるみたいなので今度はエサ釣りの外側で狙う。

ちょっとしてまたヒット。やはり底付近。今度は左側は人がいないので逃げられるのでゆっくり楽しみながら寄せ、ヌキッ。いいサイズのアジだった。
写真を撮ったりちょっと時間が空いてしまったが次。…。アジの水深が変わっているのか?日が傾きかけ、ちょっと浮いている気がする。






「ソルトライン®アジング フロロ」のジグヘッドリグに変え、浮かせて狙うも渋い。エサのほうにしか反応しなくなってしまった。
アジは場所によってかなり癖のある釣り方になることが多い。ここもそろそろかなーと思っているとヤッパリそろそろだった。
手前で強烈なヒット。でかすぎ。ひと堪えして抜き上げ。が、やっぱり重すぎ。

2ポンドラインでは無理なサイズの太刀魚が一瞬空中にまで上がったが、そこですっぽ抜け。
この特殊事情があるのでこの場所は夕方Mキャロ使っているとシンカーとられちゃうし、8:00頃太刀魚が落ち着くまでアジが釣れなくなる。
仕事場のすぐわきでちょっと寄っただけだってのでまあ、おかずはキープできたからいいか。翌朝、ミノーで太刀魚釣りなおしたし。


【アジング ワンポイント アドバイス】
基礎的なことですがマアジには2種類います。

一つは湾の外まで大きく回遊し、エサの多いところを探し回るタイプで筋肉質。
でっかくなるクロアジ。こいつは50cmぐらいになり、80gのメタルジグでも平気でヒットしてくる。
昨年末、清水港内でメタルジグで狙っていたアジで、今年もこれから探りに行こうと思っています。
やる気はあるのでキーは釣れる場所と時間を探すこと。結構明るい時間に食ってくることも多い。

もう一つは湾内、港内に残りゆっくり育つキアジ。ジグヘッドリグで狙うことの多いアジでタイミングが合えばいっぱい釣れる。
流れのある瀬戸内海では軽いジグヘッドでふわっと釣ることが多いが、駿河湾ではレンジに気を付けただ巻きで狙うことも多い。
昔は夜中水面に浮いてぱちぱち捕食音が聞こえるのでとても釣りやすかった。ただ、これらのアジは吸い込む力が弱いことも多く、
入りのいいロッドや細いライン、軽いジグヘッドが必要だったりする。水深も底付近をゆっくり引くとよかったり、表層で連発したりいろいろ。


要はアジングは場所、状況で全然パターン、釣り方が違うので、釣っている人から読み取るのが一番。
結構エリアごとにすごい人っているので。

ご参考に!!


タックルデータ
ライン
リーダー

 



 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー