HOME > アングラーズレポート > BASS







 

須藤雅弘プロ 「2016 アングラーズレポート」
〜野池の陸っぱりスピニングタックルには「バウオ®エクスレッド®4lb」がおすすめ!〜
2016.12.12

釣行日時:2017年1月2日(月)、7時00分から12時00分までの5時間

天気:晴れ

釣行場所:静岡県掛川市、東照ヶ谷池

使用ライン:バウオ®エクスレッド® 4lb
使用ルアー:2.5インチワーム。 スモークソリッド。
リグ:1/16ozのダウンショット。
リーダー:20cm位



今回の釣行もプライベートで野池の陸っぱり。
場所は静岡県掛川市の東照ヶ谷池です。 季節は冬です。

この時期のバスのコンディションは決まってスロー。厳しい時期ですが、1匹でも釣りたい、小さくても良いから釣りたい、という気持ちで釣りに行きます。

今日は、朝は冷え込みましたが、日が上がると、この時期にしては寒さは緩み釣りはしやすかったです。


先ずは堰堤からスタートフィッシング。

なかなかバイトはありませんが、この時期は仕方ないですね。その後、堰堤を端から端まで移動しながら丁寧にライトリグをゆっくり通していきます。
待望の初バイトは1時間半ほど経過した時でした。 2.5インチ ワームのダウンショットで26cmをキャッチです。



その直後、またすぐにバイトがありましたが、ミスバイト。


その後、ストップフィッシングまで堰堤で粘りましたが、バイトは得られませんでした。
今回は堰堤のみの釣行でした。

今の堰堤は25cm前後のレギュラーサイズがアベレージです。ビッグフィッシュを狙うならシャローをリアクションで釣っていくのが近道です。
しかし、個体数が少ないのでリスクも高くなります。



ちなみに今回の私の使用タックルは6フィートのスピニングタックル。
ヒットルアーは2.5インチ ワームのダウンショットリグです。
寒い日の釣行ですが、ライントラブルも一切無く、快適に釣りが出来ました。

「バウオ®エクスレッド®」
の操作性は外気に関係なく、素晴らしいものがあります。
皆様も「バウオ®エクスレッド®」で快適な釣りを楽しんで下さいネ!!



タックルデータ
ライン



 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー