HOME > アングラーズレポート > BASS







 

須藤雅弘プロ 「2016 アングラーズレポート」
〜野池の陸っぱりスピニングタックルには「バウオ®エクスレッド®4lb」がおすすめ!〜
2016.12.12

釣行日時:2016年11月23日(水)、6時30分から9時30分までの3時間

天気:晴れ

釣行場所:静岡県掛川市、東照ヶ谷池

使用ライン:バウオ®エクスレッド® 4lb



今回の釣行も野池の陸っぱり、時期は晩秋です。秋から冬へ移り変わるこの季節、だんだん難しくなりつつあります。
気温の変化も激しく、日によってバスのコンディションがめまぐるしく変わるのもこの時期の特徴です。

今日は、昨日とは打って変わって寒い1日となりました。

吹く風が冷たいです。風の雰囲気が冬の風になりつつあります。冬の気配がまた一歩近づいて来た感じがします。

そんな今日は朝イチの3時間、プライベートで陸っぱりに行って来ました。

場所は静岡県掛川市の東照ヶ谷池です。
先ずは堰堤からスタートフィッシング。



すぐに33cmが釣れて幸先良い滑り出しです。
その後、バイトが遠退いていましたが、ちょっとした地形の変化を見つけ、25cmと26cmを連続ヒット。
この時点で2時間経過。

あと残り1時間を堰堤に費やすか?! 他のエリアに移動するか!? 悩みましたが、移動を決意。
移動したポイントは堰堤に隣接するワンドです。

このワンドでもすぐに結果は出ました。
35cm、34cm、26cm、25cmの4匹キャッチです。





この時期に野池で3時間の釣行で7匹キャッチは良い釣果なんじゃないかと思います。
ノーミスって言うのも嬉しいですね。
ビッグフィッシュには恵まれませんでしたが、記憶に残る釣行となりました。


野池の釣行でもライン選定は重要です。
水温が下がり、バスの引きが弱くなっていく時期ではありますが、
体力のある大きな個体はまだまだファイトする力はあります。
野池の陸っぱりのスピニングタックルでは、飛距離や強度、根ズレ対策なども考慮して
「バウオ®エクスレッド® 4lb」がおすすめです。

他社よりも引張強度、根ズレ強度共に強い東レラインですので、1ランク細いライン選択が可能なのです。
当然飛距離も増し、その事によるアドバンテージは相当なものです。

ちなみに今回の私の使用タックルは6フィートのスピニングタックル。
ヒットルアーは2.5インチシャッドテールワームのダウンショットリグとスモラバです。


150m巻き、真ん中の75mにマーキングが入っているため、使い方によっては2回分使えるため、お得ですよね。
また、300m巻きも発売されたためお得感が増しています。
平行巻きスプールのため、リールに巻き替え、1キャスト目から最高のパフォーマンスが発揮出来ます。


寒くなって来たとは言え、まだまだバス釣りを楽しめる時期です。
皆様も東レラインを相棒に、充実した一時を過ごして下さいネ!!



タックルデータ
ライン

 



 


このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー